LIGHTNING BOLT(ライトニングボルト)




1960年代、ハワイ。レジェンドサーファーのジェリー・ロペスとその仲間たちは、彼らのシンボルマークとして、稲妻を自身のサーフボードにつけて使い始めました。そして、1971年に“ライトニングボルト” が誕生し、サーフボードの製造・販売が始まりました。
各大会でのジェリー・ロペスの活躍とともに、ライトニングボルトの提案するアイテムやライフスタイルは、多くのサーファー達を魅了してきました。そんな中、サーフィンを題材としたハリウッド映画“BIG WEDNESDAY” が大ヒットし、世界的なスーパーブランドに成長しました。
ブランド誕生から40年以上経ち、ライトニングボルトはアメリカで復活。再び注目を集めています。

10
MAVERICK INTERNATIONAL GROUP