ISLAND SLIPPER(アイランド スリッパ)




1946年の創業以来、ハワイオアフ島で生産されているISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)。その歴史は、ハワイへ移住した日本人、本永武蔵氏がサンダルの原型を作り、息子のエドワード・モトナガ氏によって工場化され発展してきたサンダル会社です。
創業当時からの"デザインから製造まですべてハワイで行うリゾートサンダルメーカー"という理念は現在も変ることなく、製品はすべて「メイド イン ハワイ」。ハワイの伝統的なプリント生地やアメリカ本土の厳選された革素材をつかって、パールシティーの自社工場でISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)がつくられています。
工場には精密機械というのはほとんどなく、職人たちが1からすべて手作業でサンダルを作り上げていくのですが、その様子は50年前に撮られた写真とまったくと言っていいほど変わりません。
0
MAVERICK INTERNATIONAL GROUP